仲良し3人組の物語


みなさんおはようございます。

インナービューティープランナーの村田侑加です。





先日、とても大切な幼なじみの結婚式に参加しました。

もう一人の大切な幼なじみと、親族席に座るという、驚きのポジションでの参加でした。



良い機会なので、思い出を振り返ってみたいと思います。
よろしければお付き合いくださいね( ˊᵕˋ* )



彼女との付き合いは

なんと0歳から。

マンションが同じだったため、よく遊んでいました。

私3人は何をするにも一緒。
広場で遊んだり、お互いのおうちで遊んだり。
秘密基地を作ったりもしました。



2人はそれぞれお引越しとなり、
一緒に住んでいたマンションを離れていきます。


私はとても悲しかった。
この気持ちは今でも覚えています。


「いつまでも友達だよ〜また遊ぼうね〜」


という気持ちを伝えたくて、精一杯手紙を書きたかった。




でもまだ5歳だったため、文字はミミズです。笑


なので送ったのは、スケッチブックに描いた3人の絵。



そこから私達の"文通"がスタートするのです。





お手紙を書くにはペンや紙が必要。


文房具売り場に行くことが本当に楽しかった( ˊᵕˋ* )♪
今の私の趣味はここで形成されていたんですね笑



文字が綺麗になりたかった。
そのため、習い事が大嫌いだったけど、習字に通うようになりました。



月1回くらいの頻度で手紙を送り…



夏休みや冬休み、春休みに会う。



頻度はとても少ないけど、特別な時間でした。




お互いの小学校の話をして、
どんな友達がいて、
それぞれの兄弟と喧嘩した話(うちは主に食べ物の取り合い)



たくさんたくさんお話しても尽きることなく、何度いきなりお泊り会になったことか。笑



その位、私達3人は話すことが大好き。


中学生になってからは
「しゃべった方が早い!」
と家の電話を占領し、電話代をおそろしい数字をたたき出したこともあります。笑
 

高校生になってからはツールが携帯電話のメールになり、手紙でのやり取りから切り替わりましたが、

節々で連絡を取り合う関係性は変わらずにいることが出来ました。



小学校も
中学校も
高校も
大学も
お仕事も


まったく違う私達3人組。



同じことは
4歳まで住んでいたマンションが同じだった、ということ。




この関係は本当に大切にしていきたい。

おばあちゃんになっても一緒に旅行する、そんな関係でいたいです。



そんな大切な幼なじみの晴れ舞台に参加出来て本当に幸せでした。


もう一人の大切な幼なじみももうすぐ晴れ舞台を迎えます。
今からワクワクが止まりません。




自分に家族が出来たらば
同じような関係を自分の子供にも持たせてあげたいから


ひとつひとつの出逢いを大切にしていこうね〜



ということを伝えていってあげたいと思います( ˊᵕˋ* )


ここまで読んで頂き、本当にありがとうございました( ˊᵕˋ* )♪

■インスタグラムはこちら


*simple and innocent life*

生活をシンプルに。 体を想い、自分に素直に。 侑加の気ままなブログ。 ふだんのくらしに何かきっかけを♪ 【食について考えるきっかけを】 お届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000